BLOG

ブログ


気圧と体調の関係!

ブログ

梅雨が近づき

 

お~はようございま~す!

 

今日からしばらく天気が愚図つきそうですね。

 

よく天気が悪くなると体調が悪くなる方いらっしゃいますよね。なので今日は天気と体調の関係についてお話したいとおもいます!

 

雨が降りそうになると主に「頭痛」「肩こり」「めまい」「関節痛」などの不快な症状を訴える方が多いですが、なぜそんな症状がでてしまうのか?

それは「低気圧」と深いが関係があります!

 

空気は物質なので圧力が掛ります。また周りの環境状況によって密度が変わるので一定の圧力にはなりません。

だから高い圧力や低い圧力の空気が生じ、簡単に言うとこれが高気圧と低気圧です。

そして私たちも常にカラダに大気の圧力を受けています。

だから、常に体内と大気との間で「圧力のバランス」を取って毎日の生活を送っています。

 

でも、このバランスが崩れた時に体調に異変を感じてしまうのです!

 

例えば、飛行機に乗ったときに耳に違和感を感じた事があると思いますが、これは空気は高度が上がると気圧が低くなり、そのため鼓膜の内側と外側の圧力を調整する機能が追い付かずに違和感が生じてしまいます。

 

これに似たような事が天候の変化で起こります!

雨が降ったりすると「気圧の変化」が激しく、その急激な変化に対応しきれず体調不良を感じます。

 

そして、気圧が変化すると大きな影響を受けるのが「自律神経」です!

 

自律神経には、1,交感神経 2,副交感神経があります。

 

交感神経には、血圧上昇、血管縮小、気管支拡張、脈拍上昇など、カラダを活発にさせる働きがあります。

 

一方、副交感神経には、血圧低下、血管拡張、消化吸収機能増進といったカラダを休める働きがあります。

 

そして気圧と自律神経神経の関係は

 

高気圧→交感神経が優位になる

 

低気圧→副交感神経が優位になる

 

だから、低気圧の時は血液の流れが悪くなり「肩こり」「頭痛」「めまい」などの不快症状が現れやすくなってしまうのです。

特に急激な気圧の変化の時には要注意です!

 

 

鍼やお灸、マッサージは血液の流れを良くし、自律神経機能を正常にしてくれる効果があります!

 

急激な気圧の変化が多い季節ですので、しんどくなりすぎる前にみなさん少しずつ、こまめな体調管理をオススメします!

 

 

それでは今日もストレスの無いカラダで素敵な1日を、、、

 

 

お電話でのご予約
はコチラ

TEL 0742-37-1428

webでのご予約
はコチラ

web予約フォーム